ペットフードは色々な種類が販売されていますが、やはりペットの健康を考えるとできるだけ質の良いフードを選んであげることが大切です。

 

ペットは自分で食べるものを選ぶことができませんので、

 

飼い主さんがしっかりと吟味して美味しく健康に良いものを選んであげたいところです。

 

海外のフードにも高品質と呼ばれるものがいくつかありますが、

 

ナチュラルドッグフードもイギリスの高品質なフードでアレルギー対策もしっかりと行われており、高品質な材料が使われています。

 

ナチュラルドッグフード

 

とはいえ、今まで食べてきたフードの味に慣れてしまっている場合はいきなりフードを切り替えてしまった場合はまったく口をつけないこともあります。

 

それゆえ、スムーズに切り替えが行えるよう、その方法も知っておきましょう。

 

 

ナチュラルドッグフードへのスムーズな切り替え方法としては、まず一度に替えてしまうのではなく、少しずつ替えていくことがおすすめです。

 

推奨されている方法では、まず一日目は普段のフードを80パーセントにし、

 

ナチュラルドッグフードを20パーセントほど混ぜます。

 

2日目にはこれまでのフードを60パーセント、3日目には40パーセント、

 

4日目には20パーセント、そして5日目には完全に切り替えを行います。

 

 

フードの食いつきには個体差もありますので、それぞれの犬に合った方法で切り替えていきましょう。

 

犬はフードをいきなり変えてしまうとお腹の調子を崩してしまう可能性もありますので、お腹の調子も確認しながら調節をしてあげましょう。

 

ナチュラルドッグフード

 

一般的なフードの場合は犬種に合わせて選んだり、年齢に合わせて選ぶことが多くなっていますが、

 

ナチュラルドッグフードの場合は全犬種、ライフステージに合わせて作られていますので、

 

年齢や種類の違う犬を複数飼っているという場合にも安心です。

 

 

食事の量については一日あたりの給与量の目安がありますので、それぞれの体重に合う量を選んであげたいところです。

 

この量についてもあくまで目安ですので、肥満度や健康状態に合わせて最適な量を与えてあげましょう。

 

ナチュラルドッグフードの常温・冷蔵それぞれの保管方法について

 

ナチュラルドッグフードには、人工の保存料が利用されていません。

 

こう聞くと、ドッグフードを腐らせずに保管するためには冷蔵保管が必要なのだと考える方が多いでしょう。

 

 

しかし実際には、このドッグフードは常温での保管が可能となっています。

 

ナチュラルドッグフード

 

人工の保存料の代わりとして、酸化防止剤や防腐剤のような働きを持っているビタミンEやハーブなどが配合されているからです。

 

 

高温になりがちなキッチン周りや暖房器具の周辺、多湿になりがちなシンク下や窓際などを避ければ、

 

それほど保管方法や保管場所に気を使う必要はありません。

 

保管に当たっての注意点を挙げるとすれば、

 

開封した後はパッケージに表示されている賞味期限は適用されないということが挙げられるでしょう。

 

開封するまでは、製造から1年6ヶ月くらい品質を保ちますが、

 

開封すると、その日から3ヶ月程度が品質を保てる期間となるのです。

 

 

ですから、賞味期限はまだ先だからといって油断することなく、できるだけ早めに使い切ることを心がけてみてください。

 

できれば常温保管をしたいと思うけれど、室温や湿度が上がったり下がったりと変化が激しいため、

 

ドッグフードの品質に影響を与えてしまわないか不安だという方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような方は、冷蔵庫での保管を検討するといいです。
ナチュラルドッグフード

 

ただし、ドッグフードを購入時のパッケージに入れたままの状態で冷蔵庫に入れてはいけません。

 

 

ジッパーが付いたビニール袋など、しっかりと密閉できる容器に入れ替えることが大切です。

 

ドッグフードを入れ替える容器は、大きいものではなく小さめのものを選ぶといいでしょう。

 

 

全てのドッグフードをまとめて入れるよりも、少量ずつを小分けにする方が望ましいからです。

 

ちなみに、一口に冷蔵庫と言いますが、細かく見ていくと冷凍室・冷蔵室・野菜室など、内部にはいろいろな空間があります。

 

 

 

このうちのどの空間に入れればいいかというと、野菜室に入れるといいです。

 

冷凍室ではドッグフードが凍ってしまう可能性がありますし、冷蔵室もそれなりに庫内温度が低くなります。

 

 

その点、野菜室は7度から10度程度に庫内温度が設定されているので、常温に比較的近い環境でドッグフードを保管することが可能になるからです。

 

 

 

犬をかいはじめたときには、様々なものを購入する必要がでてきますよね。

 

ペットの寝る場所やおもちゃ、ご飯を食べる時の器などです。

 

それ以外に重要なのが、「ペットフード」ではないでしょうか。

 

 

人間だけでなく、動物も生命を維持していく上で欠かせないのが食べ物です。

 

ナチュラルドッグフード

 

ただ、ペットは人間のように自分の食べるものを自分で選ぶことができないため、

 

愛犬のためにどんなフードを与えるのかは飼い主が決めることになります。

 

様々なペットフードが販売されており、金額も商品によってかわりますが、

 

金額以上に重視するべきなのが品質です

 

犬の健康にしっかりとこだわったペットフードを選ぶことが大切になります。

 

愛犬の健康を本当に考えているならば、お勧めなのがナチュラルドッグフードです。

 

他のペットフードよりも深く「無添加」にこだわっており、本来の犬が食べるべき食事について意識したペットフード開発をしています。

 

なぜナチュラルドッグフードが無添加にこだわっているのかというと、

 

自然給餌の理論を採用して作られているからです。

 

 

元々犬は人工添加物を口にする機会がなく、

 

生態の中で生きている動物や植物を食べて暮らしてきました。

 

ナチュラルドッグフード

 

そのため、犬本来のフードを与えることが愛犬にとって一番の健康であると考え、

 

無駄な添加物は一切使用しない「100%無添加」のペットフードを作っています。

 

 

自然の素材だけで作られたペットフードは健康に良いのはもちろん、

 

アレルギー物質が著しく低いため健康障害も起きにくく、より愛犬の健康管理ができるペットフードとなっています。

 

 

また、原材料にも非常にこだわりをみているのがナチュラルドッグフードの魅力の一つでもあります。

 

人間と犬は食べるものが違いますが、人間に食べられないようなものを犬にあげるのは良くないというのは誰でもわかることでしょう。

 

 

そのため、人が食べても大丈夫な安心安全の原材料のみを選別・品質管理を行い、本当に安全なものだけを選んで含ませています。

 

 

徹底的にこだわり抜いたペットフードを購入したい方は、ぜひナチュラルドッグフードを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ドッグフードはスーパーやホームセンターでも実に多くの種類が販売されており、

 

いつでも気軽に購入することができます。

 

栄養のバランスもよく手軽に食事を用意できるのでとても便利ですが、

 

やはり長期に保存がきくということもあり、保存料などの添加物も気になりますし、

 

原材料もどんなものが入っているのかは気になるところです。

 

ナチュラルドッグフード

 

食事は健康に大きな影響を与えるものだからこそ、じっくり比較して毎日安心して与えられるものを選んでいきましょう。

 

 

最近は無添加のフード、プレミアムフードと呼ばれる高品質なフードも人気となっていますが、

 

ナチュラルドッグフードも品質の良さで注目が高まっています。

 

こちらのフードは100パーセント無添加となっていますので安心して与えることができますしアレルギー対応となっていますので、

 

食物アレルギーのあるペットにも安心です。

 

 

全犬種向けとなっていますので、犬種や年齢を気にせずに与えられるのも良いですね。

 

 

そして体に良いフードというとあまりおいしくないものもありますが、

 

ナチュラルドッグフードは指向性にも優れており、人間でも食べられる品質のラム肉も使われています。

 

購入方法は通販が便利で、インタネットからいつでも好きな時間を利用して注文できます。

 

ナチュラルドッグフード

 

そしてフードは長期に続けるものだからこそ、やはりコストの良さは気になるところです。

 

よりお得に購入するのであれば定期コースを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まず、定期コースを申し込んでおけば、毎回注文する手間もなくなりますし、うっかりフードを切らしてしまう心配もありません。

 

 

さらに毎回最大20パーセントオフの特別優待価格となることもあり、

 

多くの飼い主さんが定期コースを選んでいるとのことです。

 

 

そして、個数やお届け周期を選べるのも安心感がありますしいつでも休止や再開が行えるので安心して注文することができます。

 

 

都度購入もできますが、この場合は割引がありませんので、長期に続けるならやはり定期コースにしておくことがおすすめです。

 

ドッグフードは愛犬の食事を手軽にしてくれるとても便利な商品ですが、

 

やはり商品ごとに品質や味には差がありますので、じっくり比較して長期にも安心して与えられる商品を選んでいきましょう。

 

特に最近は無添加などより質が高く、

 

ペットの健康にも配慮されたフードを選ぶ飼い主さんが増えておりナチュラルドッグフードも多くの人に選ばれている商品で、

 

リピーターが多いことも特徴的です。

 

ナチュラルドッグフード

 

こちらのフードに関心があるという人も多いと思いますが、購入前にはなぜこの商品が選ばれているのか、

 

他の商品とどのように違うのか、その違いも知っておきましょう。

 

 

まず、市販の安いフードには様々な添加物が使われており、

 

ペットの健康への影響も気になるところですが、ナチュラルドッグフードは人工添加物や着色料、

 

保存料などが入っていない100パーセント無添加の商品です。

 

それから、多くのドライフードには小麦などの穀物が使用されており、

 

それがアレルギーの原因となることもありますが、こちらはアレルギー対応のフードですので、

 

アレルギーのもととなる小麦や大豆、とうもろこしはもちろん、牛肉、豚肉、乳製品も使われていません。

 

 

こちらならアレルギーが起きやすいワンちゃんにも安心して与えられるのではないでしょうか。

 

高品質なラム肉がたっぷり使われており嗜好性も高い商品となっています。

 

ナチュラルドッグフード

 

そして一般的なドッグフードは年齢や種類によって使い分けることも多いですが、ナチュラルドッグフードは全犬種、

 

ライフステージに対応していますので、種類や年齢に合わせて選びなおす必要もありません。

 

 

複数の種類の違う犬を飼っている、年齢が違う犬がいるという場合も同じフードが使えるのも便利です。

 

 

一般的なドッグフードはスーパー、ペットショップ、ホームセンターなどの実店舗で購入することが多いですが、

 

こちらの商品は通販で提供されており、時間を気にせず好きなときに注文ができますし、

 

定期コースなら毎回割引価格で購入できるのもメリットです。

 

 

 

ナチュラルドッグフードは通販でも人気の高い高品質なドッグフードで、全犬種、ライフステージに対応していることが特徴的です。

 

若い犬はもちろん、高齢の犬にまで幅広く対応しているところも他のドッグフードとは違うところですが、

 

やはり子犬のうちから高品質なフードを与えたいと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。

 

ナチュラルドッグフード

 

まず、ナチュラルドッグフードは生後7か月からすべての成犬に与えられるフードとなっていますので、

 

8か月ぐらいになったら、子供用のフードと切り替えてあげてはいかがでしょうか。

 

子犬の体に良くないというわけではありませんが、成長期には実に多くの栄養素が必要となりますので、

 

子供のうちは栄養価豊富で、高カロリーなフードを与えてあげたいところです。

 

 

そして、子供用のフードはいつまでも食べていて良いというわけではなく、

 

成長期を過ぎても与えてしまうとカロリーや栄養の摂りすぎを招いてしまい、

 

肥満になってしまう可能性もあります。

 

それゆえ、成長期が過ぎたと感じたら、いよいよナチュラルドッグフードに切り替えていくことがおすすめです。

 

 

いきなりフードを変えてしまうとまったく食べなくなってしまうこともありますで、

 

最初はいつものフードを多めにあたえ、ナチュラルドッグフードを少しずつ混ぜていくようにしましょう。

 

ナチュラルドッグフード

 

普段食べていたフードの割合を少しずつ減らしていくことで無理のない切り替えを行うことができます。

 

 

通常のドライフードより少ない量で済むのもこのフードの特徴ですが、

 

食欲旺盛なワンちゃんの場合は物足りなさを感じるかもしれません。

 

そうした場合は茹でた野菜などをトッピングしてあげると満腹感も増しますし、カロリーを抑えることもできます。

 

 

最近は犬もアレルギーになることが増えていますが、

 

その原因のひとつにはドッグフードにアレルギーの原因となる材料が含まれていることもあげられます。

 

 

ナチュラルドッグフードはアレルギーにもしっかり対応していますので、より安心して与えられるのではないでしょうか。

 

現在、シニア犬を飼っていてナチュラルドッグフードの利用を始めようかと検討している場合や、

 

これまでナチュラルドッグフードを与えてきた愛犬がシニア期に差し掛かりつつある場合などには、

 

このドッグフードをシニア犬に与えても良いのかどうかが気になることでしょう。

 

結論から言えば、このドッグフードをシニア期の愛犬に与えることは全く問題ありません。

 

ナチュラルドッグフード

 

 

生後7ヶ月以降の全ての成犬が、このドッグフードを利用可能な対象となっているからです。

 

世の中にはシニア犬専用のドッグフードも販売されているので、

 

それらを利用したほうがいいのではないかと思うかもしれませんが、

 

若い犬でも高齢の犬でも必要な栄養の種類に変わりはないので、

 

わざわざ専用のドッグフードを選ぶ必要はないのです。

 

 

ただし、栄養の種類はともかく、必要な栄養の量は若い頃と比べるとシニア期には少なくなってきます。

 

筋肉が落ち、活動量も減ってくるため、それほど多くの栄養を必要としなくなるのです。

 

そのような状態で若い頃と同じ量のドッグフードを与えていては、余分な栄養が身体に蓄えられて肥満になり、

 

さまざまな病気の原因となってしまう可能性があるでしょう。

 

 

ですから、与えるエサの量を減らすことが大切です。

 

若い犬に与える通常のエサよりも20パーセントから30パーセントくらい量を減らして与えるといいでしょう。

 

ナチュラルドッグフード

 

例えば、8キロから10キロの犬の場合、100グラムから160グラムが通常のエサの量となるので、

 

シニア犬の場合は70グラムから128グラム程度が適したエサの量ということになります。

 

ただし、これはあくまでも1つの目安です。

 

 

シニア期に入っても活発に活動していればもっと量が必要になるでしょうし、

 

ぐっと活動量が落ちたのであればもっと少なくてもいいかもしれません。

 

なので、目安量は気にし過ぎずに、大切な愛犬の様子をよく観察するようにしてください。

 

 

そして、どれくらいエサを与えると体調や体重が理想的な状態に保ちやすいのかを確認して、適正なエサの量を見極めるといいでしょう。

 

↓より詳しく知りたい方は下記のサイトで口コミも平等に取り上げられています。

 

ナチュラルドッグフード

 

 

 

 

 

ナチュラルドッグフードを利用する際には、適切な与え方をする必要があります。

 

まずは、1日に与えるべき量をきちんと確認しましょう。

 

これまでに他のドッグフードを与えてきたから、

 

大体どれくらい与えれば良いか感覚的に把握できているので大丈夫だと思う場合も、

 

改めてきちんと体重別のエサの量の目安を確認してみてください。

 

NDFナチュラルドッグフード

 

 

おそらく、予想していたよりも少ない量で済むことに驚く方が多いでしょう。

 

ナチュラルドッグフードは、

 

一般的に販売されているドッグフードとは違って犬の身体にとって無駄な原料が配合されていなくて消化効率が良いので、

 

たくさん与えなくても十分に必要な栄養を摂取させることができるのです。

 

 

ただ、必要な栄養量には個体差もありますし、

 

高齢であったり妊娠中であったりすると変化するものです。

 

ですから、愛犬の体重の変化をよく観察したり、

 

獣医師に相談したりしながら、ベストなエサの量を探っていくことが大切になります。

 

 

ちなみに、栄養は足りていてもお腹の膨れ具合としては物足りないと感じてしまう犬もいるかもしれません。

 

その場合は、慣れるまでは茹でた葉物野菜をドッグフードにトッピングしてエサのカサ増しをして与えるようにして、

 

徐々にトッピングの量を減らしていくと、

 

自然と少ない量のエサでも満足できるようになるでしょう。

 

NDFナチュラルドッグフード

 

食事の量をしっかりと決めたら、次は食事の回数もきちんと決めましょう。

 

 

お皿に1日中ドッグフードを乗せておいて、いつでも好きなときに好きな回数だけ食べられるようにしてあるというのは望ましくありません。

 

人が食事の時間を決めてその時間にだけ食事を取っているように、

 

犬も限られた時間にだけ食事を取らせるようにすべきです。

 

 

1日に1回か2回程度、毎日決まった時間にエサを与え、

 

30分ほど経ったら食事を終了させましょう。

 

 

食べ残しがあったとしても、お皿を置きっぱなしにせずに回収してください。

 

そうすることで、決まった時間に食事を取る習慣がつきます。

 

 

ドッグフードは今は実に多くの種類がありますが、

 

コマーシャルのイメージやパッケージのデザインで選んでしまっているという人も多いのではないでしょうか。

 

フードもどれを選んでも同じというわけではなく、

 

ペットの健康を考えて作られたかなり良質なものもあれば、

 

粗悪な材料で使われているもの、添加物がたっぷり含まれているフードもあります。

 

NDFナチュラルドッグフード

 

 

長年与えていくものだからこそ、こだわりを持って良い商品を選んであげたいところです。

 

そして高品質なフードもいくつかありますが、ナチュラルドッグフードも評価の高いフードのひとつです。

 

 

こちらはイギリスの高品質フードで日本でも人気が高まっていますが、

 

購入前にはその特徴やどのような原材料が使われているのかはよく確認しておきましょう。

 

 

まず、ナチュラルドッグフードは犬の祖先である野生状態の犬が食べていたものを意識したフード作りが行われており、

 

本来犬が必要としているものをバランスよく配合しています。

 

原材料は人が食べられる肉や野菜だけが使われており可能な限り地元であるイギリス産の材料が選ばれました。

 

 

犬の体にふさわしくない人工添加物や肉副産物は使われておらずアレルギーを起こしやすいとされる

 

  • 大豆
  • 小麦
  • 乳製品
  • 牛肉
  • 豚肉

 

は一切使われていません。

 

 

肉類としては栄養バランスがよく脂肪燃焼効果があるとされる良質なラム肉が使われており、

 

このほかにはミネラルや食物繊維が豊富な玄米、

 

ミネラルやビタミンEが豊富に含まれている全粒オーツ麦、全粒大麦、

 

ハーブ、野菜、水溶性繊維と不溶性繊維がバランスよく含まれたテンサイ、

 

亜麻仁、ビール酵母、海藻などがバランスよく配合されています。

 

 

 

そして製造についても国際規格のランクAを取得した工場で大量生産ではなく少量ずつをこまめに丁寧に作っています。

 

原材料や製品についても2回の品質テストでしっかりチェックされていますので、

 

安全性にも優れており、これならフードにこだわりのある人にも安心して選べるのではないでしょうか。

 

 

質の良くない原材料や添加物によって、愛犬の身体に負担をかけてしまう心配をすることなく利用できるのが、

 

ナチュラルドッグフードのメリットです。

 

多くの市販のドッグフードには、

 

栄養価の低い肉類やカサ増し用の小麦などが配合されています。

 

ナチュラルドッグフード

 

そして、それらの原材料に人工的にビタミンなどの栄養や美味しそうな色・匂いにするための着色料や香料、

 

保存性を高めるための保存料などがたくさん添加されていることも多いのです。

 

 

こうしたドッグフードは一見、栄養バランスも見た目も匂いも良く、理想的な食事に見えます。

 

 

しかし人工的な成分が多く含まれる食事は不自然なものなので、

 

自然な成分に比べて消化・代謝するのが大変であり、

 

長期間利用するうちに身体に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあると言われているのです。

 

 

その点、ナチュラルドッグフードは、乾燥ラム肉を中心として、

 

犬の身体にとって必要な栄養素をしっかりと含んでいる原材料によって作られています。

 

 

原材料に必要な栄養素がしっかりと含まれているため、

 

ビタミンなどといった栄養の人工的な付加は行われていません。

 

 

また、匂いも素材本来の匂いのままで十分に犬にとって魅力的な匂いになっているので、

 

香料も利用されていないのです。

 

ナチュラルドッグフード

 

 

着色料や保存料も、もちろん添加されていません。

 

着色料はともかく、保存料が添加されていないとすぐに駄目になってしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

しかし、原材料として配合されているハーブが、

 

酸化防止剤のような役割を果たしているのでご安心ください。

 

未開封の状態なら1年半、開封後でも3ヶ月程度は常温で品質を保持できるのです。

 

 

どこまでも天然の力を活かすことを追求しているナチュラルドッグフードを愛犬に食べさせることで、

 

愛犬の身体に本来備わっている自然治癒力が高まり、健康に日々を送ることが可能になると期待できます。

 

 

愛犬の体調を食事によって整えたいと思っている飼い主さんは、ナチュラルドッグフードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。